メキシコペソとドル為替の関係について メキシコペソ(MXN)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

メキシコペソとドル為替の関係について

米国と地理的に近いため、メキシコが米国の主要貿易国であると納得できます。

メキシコの輸出量の85%が米国向けなのに対し、主に車両部品や電気・電子機器を米国に輸出しています。野菜もメキシコの輸出品としては有名です。車両部品や野菜に関してはほとんど米国に輸出されます。

よってメキシコの業績は米国経済に、メキシコペソドル為替相場にも大きな影響を受けます。

食品と石油価格を除く米国の生産者価格は2ヶ月連続で変化しないと、メキシコペソはここ2年間、大きな変化を見せていません。

メキシコペソ為替相場で安定しているとも読めます。

しかし外貨に対しドルが弱くなっていることから、海外からの商品がメキシコの商品に比べやや割高となっています。

そのため今後はメキシコから米国への輸出増加が予測されます。

このようにメキシコ経済は米国経済に密接に関係していて、最近の統計データのように、今後メキシコは米国への輸出を増やすことで一層の成長を見せるでしょう。

ドル為替相場次第のメキシコペソの動向ですが、途上国の通貨はドル為替の左右されやすいもので、メキシコペソは特に強い影響をドル為替相場から受けることになります。

メキシコペソ/円の為替の相場もまた、ドル/円の為替相場とも綿密な関係といえます。