メキシコペソでFXするには? メキシコペソ(MXN)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

メキシコペソとメキシコ株

日本はメキシコ株の取引をしていないのでメキシコ株の購入はできません。

メキシコペソは金利も高く、最近は注目されているエマージング株ですが、日本にいてはメキシコ株を購入するとは不可能です。

メキシコペソでの投資となると、FXと債券に限定されますが、東京証券取引所とメキシコ証券取引所で協定が結ばれたこともあり、今後はメキシコペソの投資の中に取引も可能になるかもしれません。

メキシコと聞くとインフレという言葉が頭をよぎりますが、やはりインフレの改善は一朝一夕にできることではなく、政策金利の引き上げなどをして、改善策を立てている状態です。

日本は自動車企業などメキシコへ進出を意欲的に進めています。

これから、日本との結びつきは強くなるとは思いますが、メキシコペソはドルと深い関係があり、メキシコペソの動向は米国に握られているといっても過言ではないです。

FXの世界でもメキシコペソ/円の取引ができる業者やメキシコペソ建て債券の販売も盛んになってきています。

日本でメキシコペソの流通が増加したり、メキシコ株取引ができたりと、独自の日本メキシコルートができるのもそう遠くはないかもしれません。

メキシコペソでFXするには?

メキシコペソの取り扱いをしているFX業者はまだ少数ですが、ここでメキシコペソのFXについて考えてみたいと思います。

今、メキシコペソ=10.5円です。

FX−naviオンラインで、1万通貨4200円くらいからFX取引が可能です。

そして、スワップ金利は20円となっています。

10万通貨、42000円で、スワップ金利200円というのは、NZ/ドルの取引に近い感覚です。

トルコリラや南アフリカランドなどのエマージング圏通貨のFXが注目されていますが、ここにきてメキシコペソFXも取扱う業者は増加する傾向にあります。

産油国通貨のメキシコペソですから、エネルギー価格との連動といった特徴もあります。

また、ボラティリティが低いため、中長期的な投資と考えた方がベターかもしれません。

メキシコペソのFXは少額から始められ、今後の経済発展も見込めることから、注目されることでしょう。