メキシコペソ建て債とは? メキシコペソ(MXN)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

メキシコペソ建て債券とは?

マイナーな通貨といわれているメキシコペソですが、高金利通貨メキシコペソ建て債券として人気が高まっています。

メキシコペソ建て債券の募集は証券会社で取扱っています。
ただし、いつでもというわれではなく、先着順となっているのが通例です。

どうして人気があるのかというと、やはり金利の高さでしょう。
それと、1メキシコペソ=10円という為替レートですから、50000メキシコペソといっても50万円程度がメキシコペソ建て債券の購入が可能になります。

このことが手軽に外国債券をと考えている方には入りやすいのかもしれません。

そして金利、7〜8%、また毎月利息配分という場合もあり、お小遣いが毎月入る感覚でのメキシコペソ建て債券の人気があるのだと思います。

ただし、手数料やカントリーリスクは避けられないですから、メキシコペソ建て債券をお考えの方は、購入前のご検討はお忘れなく。

メキシコペソと銀行の関係

欧州復興銀行が発行元としてメキシコペソ建て債券があります。

高金利のメキシコペソ建て債券で、期間限定のものですが、いつも完売という状態のようです。

欧州復興銀行の格付けは最高であり、信用できるものですから、メキシコ国自体がこのままでいれば、かなりの高金利の債券として人気が高いのもうなづけます。

国内においてメキシコペソの外貨預金はまだ扱われておらず、株取引もできないため、メキシコペソへの投資といえば、欧州復興銀行の債券かFXということになります。

FXは少ない証拠金を元に大きな資金を動かすというもので、為替チャートや為替情報を元に自分で投資ということになりますが、欧州復興銀行の債券ですと、申込金額に応じて、投資をしてもらえます。

FXはすべての自己責任で自信がないけれどメキシコペソの投資をと考えている方には、
欧州復興銀行発行の債券がいいと思います。

金利が7〜8%と、日本では到底かなわない高い水準でのメキシコペソ債券。

ちょっと考えてみませんか?

メキシコペソ建て債はどう?

年利7%、毎月配分、高格付けの債券のご紹介です。

エマージング通貨で最近出回っているこのような債券のなかで、メキシコペソ建て債も仲間入りしています。

ランド債券などは数多く出ていますが、メキシコペソ建て債の内容もかなりいいものになっています。

メキシコペソ建て債の申込単位は50万円くらいからとなっているのが一般的で、償還までは4から10年。その間、毎月配当が支払われるという形のものが多いです。

単純に考えても、50年円で年利7%ですから、日本で預貯金をするよりもかなりおいしい債券となっています。

ただし、注意しなくてはならない点で、メキシコペソ建て債は外貨ですので、手数料がかかります。
販売証券会社によってさまざまですが、絶対にかかるものです。

ですから、メキシコペソ建て債を選ぶ場合、利率の高さと償還までの期間に注目です。

長期間ですと、それだけ利息が支払われていいのですが、メキシコ国自体に不安をお持ちなら、短期間のメキシコペソ建て債の方が安心できます。

エマージング通貨の債券はいろいろありますが、検討要因の又、いろいろとありそうですね。

メキシコペソ国債、どう?

メキシコペソ国債の販売が始まっています。

いつでも購入できるというものではなく、販売募集期間は1ヶ月前後で終わってしまいます。

ということは、メキシコペソ国債が人気があるということです。

メキシコペソ国債は、だいたい7%の利回りが魅力です。メキシコは原油産出国でもあるため、今後の動向によっては、経済成長が十分に見込まれます。

ところが、メキシコペソ国債の期間が5年というものが多く、少し不安材料です。

今は安定していますが、エマージング特有の何が起こるかわからないという情勢の中、5年の償還期間は少しじれったいです。

2年くらいの短期間ならばメキシコペソ国債は絶対にオススメなのですが、途中解約というのも、流通量の少なさから難しいとも聞きます。

しかし、大金でなければ、7%の利回りのメキシコペソ国債、いいかなとも思います。

メキシコペソ債権の魅力について

メキシコペソ債権の魅力は高金利にあります。

日本ではだいたい0.7%くらいの債権ですが、メキシコペソ債権になります7%、日本の10倍という計算になります。

ところが、メキシコペソは外貨ですから、そっくり7%という高金利が懐に入るかというとそうではなく、数々の手数料がかかります。

それにしても、メキシコペソ債権を受取るときに、メキシコの国自体がこのまま大丈夫圏内として、受取るときになったとしても、日本円の0.7%の金利以下になるということはないとは思います。

ただ、国単位でみると、日本の経済状態とメキシコの経済状態、無事に受取れる保証でいうと、?マークがつきますが。

メキシコはインフレ率が高く、不安定な材料は多いですから、メキシコペソ債権で何年も置いておくのは不安という方は、メキシコペソ/円のFXはいかがでしょうか。

手数料云々はメキシコペソ債権よりはかかりません。ただし、リスクとしては大きくなりますね。

メキシコペソへの投資、高金利だけはきっちりと頂きたいですね。

メキシコペソ債券について

メキシコペソ債券が簡単に購入できるようになりました。

為替取引世界でも、個人でメキシコペソの売買が可能な業者もあるようです。

メキシコペソはマイナーな通貨で、国内の機関投資家や為替ディーラーでもほとんど売買しません。

しかし、世界的な新興国人気や国内投資家の高金利通貨、高金利通貨建て債券の人気はとどまる所を知らないようで、ついにここまできたかという印象です。

あるネット証券で販売されたメキシコペソ債券は販売開始からわずか1週間ほどで完売となったようです。

メキシコペソ債券人気の秘密は、ずばり高金利にあるでしょう。

外国債券は様々な手数料などがかかりますが、7%〜8%という金利ですと、利益の方が多いと思ってしまいます。

日本の金融機関やタンス預金をしていたとしても、メキシコペソ債券の方がずっとお得でしょう。

まだ、マイナーという印象はぬぐえないメキシコペソ債券ですが、高利回りに乗ってみませんか?

メキシコペソ債の今後は?

メキシコペソ債は、期間限定という形で証券会社から発売されています。

先着順というところが多く、発売期間の二週間を待たずに完売になってしまうケースも多いようです。

既に販売完了したメキシコペソ債ですが、目を惹くのは年利の高さですね。
だいたい8%という利率が付いています。

低迷する日本の金融商品と比較できないくらい高金利です。

償還まで10年くらいのメキシコペソ債が多く、8%の利回りときたら、魅力的な債券です。

メキシコペソ債の申込単位は50000メキシコペソが多いですが、日本円で50万円くらいです。

日本で50万円の預金といっても、いくら利子がつくでしょうか。

外国債券のデメリットとして、メキシコペソ債の場合、外貨ですから、手数料はありますし、為替レートによっては、為替差損と元本われの危険性はあります。
それと、メキシコペソ債の流通が少ないため、途中解約は可能ですが、なかなかいいタイミングでの解約は難しいとのことです。

その点を考慮し、高金利のメキシコペソ債、いかがですか?

メキシコペソ建ゼロクーポン債について

メキシコペソ建ゼロクーポン債が世界銀行が発行元となり販売されていました。

「されていました」というのは、この手の債券は募集期間が定まっているときが多く、先着順という場合が多いです。

ここでは、既に販売終了されたメキシコペソ建ゼロクーポン債についてみてみたいと思います。

このゼロクーポン債というのは、利付債とは異なり、利子がなく、額面から利子を引いた価格で発行され、償還時には額面どおり受取れるというものです。

メキシコペソ建ゼロクーポン債、年7.443%、1メキシコペソ=11円、満期15年後の場合。

50000ペソ、19万円でメキシコペソ建ゼロクーポン債を購入し、計算をしていくと、ペソ/円の為替レートが、1ペソ=4円になるまでしっかりと利益が出る計算になります。

また、メキシコペソ建ゼロクーポンは途中解約も可能なので、メキシコペソ暴騰のときに、さっと解約をするというのもいいでしょう。

というのも、メキシコペソ建ということで、このまま順調に行くという保証はなんともいえないカントリーリスクの考慮も必要です。