メキシコペソの推移は? メキシコペソ(MXN)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

メキシコペソの見通しは明るい?

メキシコペソ/円の今後の見通しですが、経済指標を見てみますと、政策金利7.25%、GDP2.8%、失業率3.92%と、政策金利以外の数字はばっとしません。

GDPは、他の途上国と比較しても低く、消費者物価指数にいたっては4%に近いものがあり、インフレ改善の見通しも立たない状態です。

ただ、小売売上高は4.2%ということで内需のは落ち着きの見通しです。

米国の影響を色濃く受けるメキシコペソは、世界中をにぎわしているサブプライム問題の影響も懸念されていますが、資源国でもあるメキシコは、これからの成長の可能性は十分にあります。

メキシコペソ/円は上昇基調にありますし、まだまだ余力もあるようにもみえます。メキシコペソ/円のFXを扱う業者の増えていることから、相場としては明るい見通しです。

メキシコペソ/円のスワップポイントも魅力ですし、米国次第のメキシコペソですが、大いに期待できる見通しではないでしょうか。

メキシコペソ相場を斬る?

メキシコの地理的な背景から、米国やカナダが主要な貿易国となっています。

経済的規模は、年間7千億ドル弱。日本の7分の一程度です。

通貨はメキシコペソで、為替相場は1ドル=10メキシコペソでの推移となっています。

基本的に対米ドルの取引中心のメキシコペソで、ドル/メキシコペソ相場は歴史的にドル高・ペソ安の大きな流れでしたが、世界的なエマージング人気もあり、メキシコペソがドルに対して強くなる傾向にあります。

メキシコペソ/円相場を振り返ると、2002年初頭に1メキシコペソ=15円をつけましたが、その後3年間ペソ高・円高が進行し、2005年には1メキシコペソ=9円を記録しました。

2007年の相場は、1メキシコペソ=10円台を保っています。

ドル/円の円安の流れに転換にあわせ、メキシコペソ/円も円安相場になりますから、メキシコペソ/円の動向は米国次第という部分は否めません。