メキシコペソのその他投資情報は? メキシコペソ(MXN)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資

メキシコペソ資産運用術

メキシコペソ資産運用術

日本国内で、メキシコペソへの投資となると、FXと債券、ファンド
となります。

メキシコペソファンドの場合は、メキシコだけではなく、他のエマー
ジング諸国に含まれてのファンドとなり、単独のファンドはありません。

それでも、世界的なエマージングファンドブームて、リターン率も高くなっています。
ファンドという形ですと、自信のリスク管理の必要もなく、安心の資産運用術かもしれません。
ただし、手数料等で本来よりも少ない受け取りということはあります。

自分の腕でそのまま利益をというのなら、FXの資産運用術です。
手数料は少なく、為替差益もそっくりのまま入りますし、スワップポイントも入手でき、
資産運用術としてはリターンは大きいですが、その分リターンも多い
です。

この点うまくやらないと、です。

メキシコペソ債券に関しては、決められた償還日までじっと我慢。ひ
たすら上がるのを待つものですが、最初に掲げられる金利7〜8%+為替差益を狙えるひ
ょっとしての資産運用術となります。

いずれにしても、メキシコペソ資産運用術にはリ
ターンと同じくらいリスクがあるということをお忘れなく。

メキシコペソの2ちゃんねる情報

メキシコペソ2ちゃんねるのスレッドは、【MXN】メキシコペソ【カルロス】です(2007年11月現在)。

2ちゃんねるの利用ですが、のメキシコペソの生の情報が得られる場所と思われるものもあります。

挨拶のアミーゴ!という文字やアスキーアートなどで、コメントがない場合もあります。
それはご愛嬌として、メキシコの情報や今のメキシコペソの実況など、読める記事もあることはあります。

生の声といえば、メキシコペソのブログもありますが、ブログとは違う2ちゃんねる特有の世界があります。

メキシコペソFX業者の良し悪し(悪口というのではなく)を評価しあったり、中には真剣な質問に真剣な回答でという場面も見受けられます。

様々な情報入手がありますが、メキシコペソFXのチャートを見ながら、2ちゃんねるにコメント、というのは、実況っぽくも感じます。

まだ、メキシコペソ2ちゃんねるの世界に足を踏み入れていない方、一歩でもいいですから、どうです?

メキシコペソの為替情報について

メキシコペソ為替情報は、メキシコペソを取り扱っている業者で知ることができます。
その他にも、メキシコペソに関するブログなどがあります。

ブログでは、ご自身の投資記録やFX業者のキャンペーン情報など知っていてお得な為替情報が得られます。

スペイン語が堪能の方は、そのままメキシコの記事を読めれば、即座にメキシコペソ為替情報を得ることができます。

そのほかにヤフーなどの為替情報を流しているサイトでは、レートやリアルタイムチャートなどが見られます。

メキシコペソ/円などのFXなどで利益を得るためには為替情報収集は欠かせません。
メキシコペソは米国の動向に左右される通貨で、マイナー通貨ということで、世界的な流れに流されやすいなどのリスクがあります。

ですから、得られる為替情報はあちこちから入れておくと、先の先の投資に役立つと思います。

FX業者などのレポートなどの検索をご提案します。

メキシコペソとYAHOO

YAHOOFINANCEでは、メキシコペソ/円チャートが見られます。

マイナー通貨であるメキシコペソのチャートはなかなかYAHOO以外では見つけられません。
取扱業者で、チャートのツールはありますが、メキシコペソを扱う業者もあまり多くないのが現状です。

YAHOOのサイトは、英語ですが、メキシコペソのチャートの閲覧だけですと、英語力は問題はないと思います。

YAHOOのチャートは、1日、5日、3ヶ月、1年、2年、5年と切り替えられ、過去のチャートを振り返るのにも便利です。

そのほかのYAHOOのサイトで外国為替情報では、レート計算ができます。
即座に今のレートが調べられ、メキシコペソだけではなくあらゆる通貨がわかります。

メキシコペソはドルと緊密な関係にありますから、メキシコペソ/円だけではなく、チャートもレートもドル/メキシコペソのチェックをしておくと、予測もつきやすいかもしれません。

メキシコペソの価格に注目

メキシコ合衆国には油田が多く存在しています。

世界的な原油価格の高騰から、資源国であるメキシコペソに注目で行きそうです。

今はそれほど日本においてもメキシコペソ外貨商品の種類はないですが、FXや債券などを取扱いも増加しています。

メキシコペソが10円という為替レートですから、これらの商品の価格も手を出しやすく、それでいて高金利の債券などは人気があります。

世界的な原油価格の高騰、メキシコのそのほかの資源価格の値上がりなど、これからのメキシコペソにとっての有利な条件は揃っています。

メキシコは対米輸出量の増加より、国自体も経済発展をしてきており、メキシコペソの動向は楽しみなものがあります。

FXで、メキシコペソ/円は、10万通貨で約45000円、スワップポイント1日200円というのも魅力となっています。

これからのメキシコペソ、資源価格の高騰による注目度がますますアップしそうな通貨です。

メキシコペソの予想

メキシコは原油産出国です。

世界的な原油高によって、これからの需要拡大など、メキシコ経済に与える影響は大きくなるとの予想が考えられます。

今は米国との取引が主なメキシコペソですが、その規模も経済内容も拡大しつつあり、メキシコの安定、メキシコペソの安定が予想されます。

メキシコペソ/円のFXにしても、メキシコペソの高金利によるスワップポイント狙いなど、ますます扱うFX業者の増加も予想されます。

現在1メキシコペソ=10円での推移で、10万通貨45000円程度の投資のFXで1日200円という計算です。

45000円でもし損得が何もなくても、一ヶ月6000円のスワップ金利収入という予想です(手数料は含まれていません)。

今後のメキシコペソ予想ですが、BRICs、VISTAの次のNext11に含まれていますが、経済発展を見込まれてのことでしょう。

メキシコペソのFXをコツコツとスワップ金利でやるのもよし、予想されるメキシコペソ高を狙うのもよし。メキシコペソが狙い目かもしれませんよ。

メキシコペソの預金はどう?

メキシコペソ預金を作る方法はあるでしょうか?

国内で、外貨預金でもメキシコペソを扱っている金融機関はありません。

お金を貯めるという意味では、メキシコペソの場合は預金よりもFXがオススメです。

預金とは意味合いも形は違うけれど、少額投資で大きく利益を出すという面では、預金よりも効率よくお金が貯められるとも考えられます。

リスクに関しては、外貨預金にもありますから、慎重なFXであれば問題はないでしょう。

メキシコに旅行へ行く予定があり、メキシコペソの両替と考えてる場合、日本の銀行口座の預金メキシコペソ(現地)でおろすという方法があります。

富士銀行、郵貯カード、CITIBANKなどで取り扱いをしています。
日本で預けた円を海外のATMでメキシコペソで引き出せるというもので、発行手数料は1050円となります。

メキシコペソとドルの関係

メキシコペソは、1994年に経常赤字の急拡大を背景に通貨危機が起こり、変動相場制に移行しました。

しばらく景気低迷に悩みましたが米国への輸出拡大とともに経済力が回復してきましたが、2000年からの米国経済失速の影響を強く受け、経済成長は留まっていました。

しかし、ドルの回復とともに、メキシコ経済は盛り返してきます。産油国ではありますが第3次産業の占める割合も高く、輸出品目も工業製品が中心です。

また新興市場としてブラジルなど近隣諸国の影響も受けやすいのですが、経済をはじめ米国ドルとの深いつながりが防波堤の役割を担っているようです。

そのため後のアルゼンチン危機時などに、メキシコペソは他の中南米諸国に比べて小さい変動に収まっていました。

メキシコペソの政策金利は7%と高水準で、米国ドルの金融政策との連動性が高いという特徴が見られます。

メキシコペソドルの動向の影響を受けやすく、メキシコペソ/円のFXにしても、ドルの動向には注目です。

現在の為替相場、1ドル=10メキシコペソで推移しています。

メキシコペソは預金よりもFXがオススメ

外貨預金のメリットは、高金利と為替差益ですが、メキシコペソでの外貨預金の取扱をしている金融機関はありません。

預金という形であれば、為替差損があったとしても、元本割れですが、これもメキシコペソのような高金利の通貨であればカバーできるものです。
ただし、外貨預金の場合、手数料がかかってしまい、受取れる金額は、受取ってみないとわからないというものです。

メキシコペソの外貨商品としてはもFXがオススメです。

このメキシコペソのFXも取扱っている業者は限られていますが、少ない資金(場合によっては5000円程度)から始められるFXは、手数料もぐっと抑えられ、預金よりも利益の取り方としては大きいものになります。

外貨預金ができないと思うよりも、FXでメキシコペソ投資をと考えた方が良いでしょう。

ただし、FXもリスクに関しては、外貨預金よりも大きなものになりますから、余裕資金とメキシコペソに関しては、短期よりも中長期のFX向きなので、長い目で見られる余裕の心も必要かもしれません。